【感想レビュー】隣のJKに脅されて入り浸られてますのネタバレあらすじ

こんばんは、櫻井シェフです。

今宵のメインディッシュのエロ漫画は、

ゆきよし真水さん/ひとのふんどしさんの

隣のJKに脅されて入り浸られてます(泣です。

 

実際に読んだ感想を中心にレビューしていきたいと思います。

 

禿サラリーマンは隣のJKにパンツを覗いているところを見つかり脅されてなんでも言うことを聞くことに。

毎日、家に入り浸れておこづかいを渡して、いい加減限界が。

 

持っていた睡眠薬でJKを眠れせて・・・・

エッチな反撃を始める!!

 

▽この漫画を無料で読む方法▽

公式サイトから無料で試し読み可能です。

登録なしで検索10秒でたどり着きます!!

 

 

1.公式サイトにアクセスする♪

 

2.タイトルを検索する!

 

 

3.無料試し読みをタップで読める♡

 

 

▼▽試し読みボタン▽▼

 

無料で試し読みしてみる

 

公式サイトで安全に♪

 

作品紹介

タイトル 隣のJKに脅されて入り浸られてます(泣
作者 ゆきよし真水/ひとのふんどし
話数 2話
評価 ★★★★☆

 

隣のJKに脅されて入り浸られてますのあらすじ【ネタバレ】

マンションの隣の部屋がうるさくて眠れない日が続く、32歳禿サラリーマンのおじさん。

隣のJKをマンションの階段で見つけてついついパンツを覗いてしまう・・・

(くそう・・・生意気なパンツしやがって!

こっちは毎晩うるさくて・・・)

・・・・何見てんの?

 

ショックだなぁ・・・お隣さんがこんな変態だったなんて

どうしよっかなぁ、通報?

人生終了?

通報も面倒だなぁ・・・

 

おじさんの部屋で悩む隣のJK。

JKの前に正座して顔面蒼白のおじさんは

これで勘弁してくださいと財布の中身を渡す。

 

えっいいの?やった!

それじゃぁまたね♪

 

と言ってその場は解決し、部屋を出ていくJKだった。

 

 

ん?また・・・?

 

 

ピンポーン♪

はやくあけてよー

 

それからというもの、すっかり部屋に入り浸る隣のJK。

 

ある日の出来事。

部屋にあるお酒を飲みながらくつろいでゲームをやっている。

 

あのぁ~飲み物には口を出しませんが、そろそろお帰りになられては?

 

え~いいじゃん!おじさんも少しでもJKと一緒に居たいんでしょ??

 

いや、早く寝たいです・・・

 

ふぁ~ねむ・・・

 

コーヒーでも飲む?

 

そう言ってコーヒーを作ろうとキッチンに行ったおじさんは

医者から貰った睡眠薬が視界に入る。

 

・・・・

 

・・・・

 

・・ユサユサ

さやかちゃん・・・?

 

おじさんは魔が差して睡眠薬でJKを眠らせてしまう。

 

眠ったのを確認して、キスをするおじさん。

性欲が抑えきれずにチンポを出して隣のJKの口に突っ込む。

 

う・・・

は・・・は・・・

く、出る!!

 

びゅっ・・・

 

眠っているJKの口を使って射精するおじさん。

 

(これ、まったく起きないんじゃ・・・)

 

おじさんの行為はエスカレートしていく・・

 

隣のJKに脅されて入り浸られてますの感想レビュー

睡眠薬を盛られて隣のおじさんにレイプされてしまうJKのさやかちゃん。

隣のJKに脅されて入り浸られてます、の感想です。

クールビューティのJKさやかちゃんが寝ながら犯されてしまう姿はなんともエロいですね♪

星4つです。

 

JKのパンツを覗いたかとがばれて、部屋に入り浸られることになったおじさん。

毎日のように部屋に来るJKに迷惑そうにしている姿に、この人性欲ないのかな?と不安になりましたが、しっかりと犯罪に犯罪を重ねますww

 

JKのさやかちゃんはスレンダーなクールビューティです。

短いスカートでソファーでゴロゴロされたら、パンツや生足が見えて我慢できなくなってしまうのも頷けます。

そんなさやかちゃんが犯される姿はなんともセクシーでムラムラきちゃいます・・・

 

隣のJKは全2話で短いのですが、そのほとんどが無料で読めちゃう珍しい作品です!!

無料が終わる前に読んでみてくださいね♪

 

▽この漫画を無料で読む方法▽

公式サイトから無料で試し読み可能です。

登録なしで検索10秒でたどり着きます!!

 

 

1.公式サイトにアクセスする♪

 

2.タイトルを検索する!

 

 

3.無料試し読みをタップで読める♡

 

 

▼▽公式サイトはここから▽▼

 

無料で試し読みしてみる

 

公式サイトで安全に♪

 

隣のJKに脅されて入り浸られてますの全話タイトル

第1話 隣のJK

第2話 だったらヤッてもバレないんじゃ――